マンション管理士の過去問

マンション管理士は過去問重視!

マンション管理士は、会計、法律、建築と幅広い分野から出題されます。
しかも知識をまるまる暗記しだだけでは解けない問題も多く、非常に大変です。
ですので、マンション管理士の勉強はある程度知識を身に付ければ、
過去問演習を繰り返し、 問題になれることが重要になってきます。

よく資格試験において過去問が重要だと言われますが、それにもきちんとした理由があります。 それは、問題の予測が立てやすくなるのです。

過去問演習を繰り返すことで、どの分野の問題の出題頻度が多いのか、
どのくらいのレベルの問題が出題されるか理解できるようになります。
それがわかれば、どこを重点的に勉強していけば良いか、おのずとわかるので効率良く勉強していくことが出来ます。

中には、マンション管理士は歴史が浅く、出題傾向が変わりやすいと懸念される方がいますが、そうではありません。
出題範囲が広いといっても問題にできる分野は限られますし、
全50問しかない中では 限られた問題しかだせなくなります。

それに最近でも出題傾向が落ち着き、
法令科目では、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」、「マンション管理適正化指針」、「区分所有法」など、設備と構造では暗記を中心に勉強していけば十分点数を取ることが出来ます。

ですから、皆さんが勉強していく上で一番時間を使わなければいけないのが過去問です。
この勉強をどれだけ出来るかで、合否に影響してくるので、しっかりと勉強して欲しいと思います。

ですが、勘違いしないで欲しいのは過去問だけやれば合格できるという事ではありません。 あくまでも基礎知識という土台があればの話です。

このサイトでは何度も説明していますが、マンション管理士の試験は基本的に思考力を問う問題です。
その問題を攻略するには、基礎知識を正確に深く理解することが必要不可欠だということは忘れないで下さい。

過去問が重要だと言うのは全体の勉強の比率の問題です。

難易度の高いマンション管理士の合格法
自宅で一流の講義を視聴して短期合格を目指す!