マンション管理士の教材

マンション管理士に合格できない典型的なパターンその2(教材編)

次に不合格者の失敗するケースが多いのが、テキストだけで勉強してしまうことです。
独学の場合なら、テキストを中心に知識を理解するしかありませんが、
そもそもそれ自体が間違いなのです。

マンション管理士の試験の特徴は、テキストに書いていることがそのまま出題されないということです。
今まで覚えた知識をどう使うか考えさせられ、実践を想定した問題になります。

そのような試験の場合、知識を正確に深く理解する必要があります。
それをテキストだけで、100%理解するにはかなりの読解力が必要で、
全ての人にその力があるとは思えません。
しかも、テキスト(市販されている)はページ数やスペースに限りがあり、
重要なポイントを全て書ききれないのが現状です。

これらを解決する方法が講義を聞くということです。
講義が聞ければ、テキストに書いてあることを深く理解できますし、
テキストに載せきれないことまでも説明してくれます。
また、講義を聞くことで知識を理解するスピードが速くなり、結果勉強時間も短縮されることになります。
もっとわかりやすく言えば、勉強わからなくなることを防げるともいえるのです。

皆さんもご存知の通り、勉強に挫折する人の多くは、勉強がわからなくなってしまうからです。
勉強がわからなくなる原因というのが、テキストだけで理解しようとするからです。
要するにテキストだけの勉強と言うのは悪循環以外の何ものでもないといえます。

しかし、講義を聴くとなると予備校に通学するか、通信講座の講義メディア(DVD・CDなど)を利用するしかなくなります。
ここが一番のネックです。 でも、本気で合格したいと考えればそれも仕方のないことではないでしょうか!
何故なら、マンション管理士の合格率が示すように普通に勉強していては合格できない試験だからです。

ここはしっかりと考えて下さい。
確かに良いテキストと問題集は必要です。それを否定することはできません。 ですが、テキストと問題集以外にも必要なのが、講義なのです。

マンション管理士に合格したいと考えるなら、この3点セットを用意してほしいと思います。

難易度の高いマンション管理士の合格法
自宅で一流の講義を視聴して短期合格を目指す!