マンション管理士の教材

マンション管理士合格への教材選び!

もう一度おさらいするとマンション管理士に必要な教材は、テキスト、問題集、講義メディアです。
この3つが揃っていることが理想ですが、独学の場合、講義メディアは用意できません。
ただ、合格しようと思えば講義メディアも必要になるので、ここでは独学と通信講座を分けて説明していきます。
通信講座選びといっても結局は教材選びとということです。

独学編
●基本テキスト
独学の場合、講義で情報を補うことは出来ないので、文章量の多いものを選ばざるを得ません。
本来ならわかりやすさも重要ですが、そのようなテキストだとボリューム的に物足りないのです。
但し、文章量が多くなると、はじめて勉強する方は挫折ししまう可能性もあります。 そこで、どうしても文章量の多いテキストが苦手な方は、入門書的なテキストを買って、全体像を掴むことからはじめて下さい。
そしてある程度慣れてくれば、文章量の多いテキストに切り替え、細かく勉強していくのも良いと思います。

●法令集(六法)
市販されているテキストだけだと法律を全てカバーすることは出来ないので、法令集を買って補います。
またテキストだけでは法律の説明がきちんとされていないものもあるので、
必ず必要です。
法令集は、自分の目で見てわかりやすいもので良いと思います。
あくまでも基本はテキストでそれを補うものですから、難しく解説されているものだと 逆に頭がこんがらがってきます。

●問題集
テキストが決まれば必然的に問題集も決まってきます。
何故なら、テキストと同じシリーズのものでないと効率が悪いからです。

実際に勉強してみればわかりますが、テキストと問題集が違えば、表現や勉強の順番が変わり知識が定着しません。
独学で勉強する場合は、テキストを読んでその関連する問題を解くことです。 そのためにはテキストとセットになっているものを購入して下さい。
それが全て終われば、違う問題集を購入して力試しするのも良いでしょう。

通信講座編
●テキスト
通信講座のテキストの場合、手にとって内容を確認することができないので、基本的に吟味しようがありません。
そこでポイントなるのがホームページを見て、フルカラーになっているか確認するのです。
なぜ、フルカラーかと言うと、脳を刺激して記憶しやすくなるからです。

通信講座の場合、基本的に合格できる内容になっているはずです。(全てではない。大手の通信講座でもひどいものがある)
という事は、他の要素が必要になります。 それがフルカラーです。
他にも図表化されていたり、イラストを使っていたりも大切ですが、
そこはどこもやっていると思います。

ただ、フルカラーと言うのは経費がかかってしまうので、中々できないのが現状です。
それでもやっているということは、本気で合格させようとする気持ちがあるので、 内容も良いはずです。

●問題集
問題集は、問題の出題レベルがわかるようになっているかホームページで確認して下さい。
出題レベルがわかれば、何処を重点的に勉強していけば良いかわかり効率が良くなります。

●講義メディア
講義メディアは基本的にDVDを用意してください。
CDでも良いのですが、やはり講師の顔見て勉強した方が理解はスムーズで、記憶にも残りやすくなります。
その時のポイントは、ハイビジョン撮影しているか確認することです。

同じことを繰り返しますが、通信講座では講義の内容を確認することは出来ません。
今はサンプルの講義を動画で見られるようになっていますが、
それでは判断できないと思います。

ですので、講義メデイアの場合、講義の内容ではなく映像の質で判断するのです。 映像が悪いとどんなに内容が良くても見ていて眠くなります。

良くあるのが、予備校が提供している教室での講義をそのまま撮影しているものです。
それだと臨場感にかけて、どうしても長時間みているのがつらくなるのです。

ですが、専用のスタジオでハイビジョン撮影しているものなら、映像に迫力があり、 マンツーマンで講義しているかのような学習ができ、理解度も変わってきます。
尚、今はパソコンでも講義が見られ、通常、DVDかCD講義を購入すればパソコンでも見れるはずです。
ただ、パソコンやDVD講義を別売りしているところもあるので、そうしたところは辞めた方が良いでしょう。

難易度の高いマンション管理士の合格法
自宅で一流の講義を視聴して短期合格を目指す!