マンション管理士の勉強法

マンション管理士に合格できない典型的なパターンその3(勉強法編)

マンション管理士の試験は、出題範囲が広く勉強しなければいけないことが山ほどあります。
なので、ある程度出題範囲を絞って勉強しなければとても短期間で合格できません。

しかし、合格できない人を見るとあれも、これも勉強しなければ不安になり、
手を出さなくてもよい問題まで勉強してしまう傾向にあります。

皆さんの中にも経験がある人はいるのではないでしょうか?
出題される可能性が低いとわかっていてもついつい勉強してしまう。
勉強しなくて良いと言われれば余計に勉強したくなるなど
言うなれば完璧主義ということです。

普通に考えれば、それは良いことのように思えますが、マンション管理士の試験で言えば、決して良いこととは言えません。
何故なら、全て覚えられる量ではないからです。

マンション管理士くらいの難易度になれば、出題傾向を分析して、効率良く勉強出来るかが重要になります。
出題範囲が広いといっても、問題にできる分野は限られますし、
全て出題されるわけではないのです。
そこを理解しなくては、覚える量が膨大になり、結果何も覚えられなくて不合格になってしまいます。

ですが、それはある意味仕方のないこととも言えます。
特に独学で勉強する方は、学習ポイントも出題ポイントもわからず勉強してしまうので、 無駄が増えるのは必然です。

独学が悪いと言ってしまえばそれまでですが、やはり効率を考えれば予備校か通信講座を利用せざるを得ません。

皆さんがどのような方法で勉強するにせよ、合格したいと気持ちがあれば、
少なくても独学は避けるべきです。
目標はあくまでも、満点を取ることではありませし、独学で勉強することでもありません。 試験に合格することです。

良い勉強法というのは、出題されそうなポイントを絞り、そこを徹底して勉強することです。 そのために必要なことを実行してほしいと思います。

難易度の高いマンション管理士の合格法
自宅で一流の講義を視聴して短期合格を目指す!