マンション管理士の勉強時間

マンション管理士に合格できない典型的なパターンその1(勉強時間編)

マンション管理士に合格するためのポイントを知るために一番手っ取り早いのは、 合格できない人のパターンを知ることです。
それを一つ一つ解決していけば合格できるポイントを理解できます。

まず、マンション管理士に不合格になる一番典型的なパターンは勉強不足です。

よくインターネットで、何か良い教材はあるか、良い勉強法はあるかと質問する人がいますが、 大多数の人はそれ以前の問題なのです。
良い教材も勉強法も勉強量という土台があってはじめて力を発揮するものです。

これは何も資格だけに限ったことではありません。 仕事でも言えることです。

例えば人よりも稼ぎたいと思えば、人の何倍も仕事しなければなりません。
時給の良い仕事、稼ぎやすい仕事はありますが、仕事している時間が短ければ稼げる額は、たかだか知れています。
年収何千万、何億と稼いでいる人は考えられないほど仕事をして、
その結果高額な収入を稼ぎ出せるようになったのです。

勉強も基本的にこれと同じですので、まずはしっかりと勉強するということを理解して下さい。

では、マンション管理に合格するにはどのくらい勉強をしなければいけないのか気になると思います。
勉強時間とは個人差があるので一概にいえませんが、700時間を目安にして勉強して下さい。
実際に合格した人もそのくらいの勉強量はこなしています。

もちろん、行政書士や宅建の資格をもっていれば共通する知識があるので、
もう少し軽減されますし、通信講座や予備校を受講する場合も然りです。

ですが、それでも勉強時間が200時間や300時間で良いということはありませんので、700時間勉強する覚悟を持つことが重要です。
そのくらい勉強して、合格圏内に達する力が付くと思います。

ただし、正しい勉強をしていることが条件です。
的外れな方法だったら、700時間勉強しても合格するのが困難になります。 そこも忘れずにいてほしいと思います。

難易度の高いマンション管理士の合格法
自宅で一流の講義を視聴して短期合格を目指す!